IT機器において、消費電力を考慮する必要があります。モニターは光を利用しますから、意識したものを選びます。

あらゆる業務をこなす最新IT機器ガイド

IT機器では消費電力を考慮したモニターにする

街中で見かける自動販売機は、以前は非常に派手なものが多かったです。概観だけでなく、光などを出していました。商品の部分であったり、選ぶボタンであったりです。もちろんそれらの光を出すには電気が必要です。冷たくしたり温かくするために電気が使われるのは良いですが、装飾のために電気が使われるのは気になります。そこで最近では、あまり派手に光らないタイプのものが増えています。良く見ますと、節電のための対策をしているとありました。

光が出るものに対しては、光を抑えたり、光のでる仕組みを変更することで電気の使用量を抑えることができることになります。IT機器において光を利用するものとしてはモニターがあります。こちらにいろいろなものが表示されますから、光らないと何が表示されているかわかりません。デザインをする人も明るい状態にしていると思います。その分電気を利用することになります。何も考えないで使っていると、かなり電気を消費してしまうことになります。

そこで、消費電力を考慮したタイプを選ぶようにします。ライトにおいて、LEDを利用するものがあります。こちらであれば、それまでのものより消費電力を減らすことができます。また、利用しないときの対応もあります。しばらく操作がない場合は画面が暗くなったり、表示そのものを停止する機能です。少し席をはずしたまま1時間ほど戻らないこともあります。そのときにつけたままより、消えていれば消費量も少なくすることができます。

おすすめリンク

Copyright (C)2017あらゆる業務をこなす最新IT機器ガイド.All rights reserved.