IT機器でモニターにはベゼルと呼ばれる外枠の部分があります。こちらが狭いほど画面が大きく使えます。

あらゆる業務をこなす最新IT機器ガイド

IT機器においてモニターではベゼル幅の小さいもの

ノートパソコンにおいて、非常に安いタイプのものがありました。本体の大きさは周りの同じタイプとあまり変わらなかったのですが、開いてみると、液晶部分が非常に狭いものになっていました。見ることができないわけではないですが、他のものはサイズ一杯に画面があるものもあります。それに比べると表示の情報量が大きく違っていたのです。価格が安いので仕方がないとは思いましたが、ディスプレイの表示部分の大きさは重要なポイントになります。

IT機器で、デスクトップタイプを利用するときには、モニターを利用することになります。以前はCRTといって、ブラウン管テレビのような形をしていましたが、今は液晶が主流になっています。CRTの時には、画面の大きさはある程度限定されていました。また外枠のベゼルに関しては一定の幅があるのが普通でした。液晶ディスプレイにしてもベゼルの部分は必要です。こちらがあることによって、支えられていることになります。でもあまり広いと気になります。

ベゼル部分の幅に関しては、技術によってどんどん狭くなるようになっています。より一杯の画面で作業をすることができることになります。また、画面の大きさを保持したまま、小型化をすることができることもあります。いろいろなメリットがあります。全くなくすのは難しいですが、狭いタイプがあるのであればそちらを選ぶほうが良いです。メーカーを選ぶときも気をつけたいです。よりその技術が高いところのものの方が安心です。

おすすめリンク

Copyright (C)2017あらゆる業務をこなす最新IT機器ガイド.All rights reserved.